RSS
Admin
Archives

little forest

[ kobayashi ] 麻と帆布のバッグ制作販売

プロフィール

コバヤシ タカエ

Author:コバヤシ タカエ
------------------------------------
[kobayashi] 麻と帆布のバッグ制作販売。
尾道出身。東京都在住。
古いもの、自然素材、自然療法、食事、暮らしの道具など…こだわりや誠実さを感じるものが好み。住む土地は自然がたくさんでどこか故郷の尾道と似ています。
----------------------------
*電磁波対策のお話描きました。
「オールアース生活はじめました。」
下のリンクからどうぞ♪

リンク
カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
フォト
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
26
CM:0

02:00
Category : 雑貨
いつ頃からかな。
ナチュラル系のものが好きになり、リネン(麻)のよさや天然素材の気持ちよさを知って…

今ではみんな着ているチュニックとかふんわりワンピとか、いわゆるヨーロッパのワークウェアなんだけど7年くらい前に着てたら「妊婦?」とか言ってからかわれる事が多かった。

当時、レンタルBOXでリネンを使ったバッグを委託販売してたのですが
リネンというものを全く理解されないような時代でした。

それが今や、リネンの服なんてどこでも売ってるし、チュニックワンピなんてみんな普通に着てる。
いいものが理解され浸透するには年数がかかるものなのかも知れないですね。

その頃はまだ、シンプルナチュラルな感じが好きでしたが
いつしかアメリカやヨーロッパの古いものに惹かれるようになりました。

木や布のスレやよごれ、欠け。鉄の錆び。

そのディティールがとても好きなのです。
ピカピカしたものより、そのモノが持ってる物語を感じるからでしょうか?


そんな古いものの中でも、私はどうも木箱が好きみたいです。

DSCN1246.jpg

この取っ手付きの木箱…。

フランスのアンティークだそうですが、誰がどんな風に使ってたのか?
思いをはせるのが好きです。

ペレットストーブの燃料、ペレット入れに使おうかなと思ってます。



これは、玄関ベンチに置いてある木箱。

DSCN1235.jpg

DSCN1236.jpg

フランスアンティークです。

菊花線香とニーム香入れ、紙ヒモ入れにして玄関ですぐに使えるようにしてます。


これらは少し前にjournal standard luxeで購入したもの。


まだまだ木箱や箱があるので、ちょっとずつ紹介していきます。








スポンサーサイト
2012.10
29
CM:0

09:37
Category : 雑貨
アンティークの木箱がふえてきました。

やっぱり足場板の雰囲気には、アンティークの木箱が似合う…。


今まで使っていたアクリル板の箱とか新しい雰囲気の木製品を手放して
少しずつ集める決心をしました!


DSCN1303.jpg

大きなアンティーク木箱には本を収納しようと思ってます。

でも今は…アビシニアンブルーのラテが入って寝るという、猫の小屋になってます。
置いておいたらいつの間にか入って寝てたのです。

DSCN1338.jpg DSCN1340.jpg

寒そうなので、こんな感じにウールのブランケットをかけてあげたら
すっかりお気に入りのようで、いつもこの中で寝るように。

でももうちょっとしたら本の収納になっちゃうよ、ごめんね。


DSCN1324.jpg

これも先日journal standard luxeで購入したアンティークの木のバスケット。

すごくかわいい色!
何かディスプレイに使おうかと思ってます。

DSCN1322.jpg DSCN1323.jpg DSCN1321.jpg

これらもjournal standard luxeで。

木箱じゃないけど、箱モノです。

ほんとかわいい。


刻印のNO.とかもどれがいいか店員さんと一緒に選びました。


デニムやストールを入れて使ってます。


ちょっとした収納をこういうアンティークの箱にするだけでワクワクします♪


2012.12
11
CM:0

02:39
Category : 雑貨
早くも年末が近づいてきましたね…!

引っ越してきて、ゆっくりする暇もなく…仕事、仕事で時が過ぎて行ってます。



さてさて…今日は、うつわの事を書こうと思います!


うちは外食も多いのですが、基本的におうちで食べるものは


有機栽培、無農薬の野菜

食品添加物、化学物質のないもの



にしています。


有機栽培の玄米と、野菜のシンプルなごはん。


146475_821745405_116large.jpg  146475_1035126611_186large.jpg

大根の煮物と大豆とあらめの炒めもの。黒米と生姜とじゃこのチャーハン。


ほんともう、こんな感じの素朴なものが多いです。

時々、お肉も食べたりします。


こんなシンプルなごはんをちょっといい感じに見せてくれるのが、何年か前に好きで集めたうつわたち。


DSCN1213.jpg


これは一番のお気に入り。

恵比寿のEkocaで買った、木をそのままくりぬいて乾燥させたというもの。

乾燥の段階で、こんな感じに少し楕円になるそう。


ほんとうに使いやすくて、最近はこればっかり使ってます。


チャーハン、スープ、野菜のおかず……


何にでも合ってくれます。


DSCN1217.jpg

これは、福永芳治さん作。

神宮前のzakkaで購入したりしました。


福永さんのうつわは、独特の質感があって…とっても手触りがやさしいので大好き。

今はなき、大好きだった下北沢のチクテカフェも福永さんのうつわでした。


一番手前の小鉢は、駒場東大前のpartyというお店で展示販売会があった時、福永さんが来る時を狙って買いに行って手に入れたもの。

みなさん定番で人気のものを手に取られる中、私は今まで福永さんの作品で見たことない、めずらしいこのうつわが気に入って購入しました。

福永さんに、これを選ぶとは渋いですね、一点物ですよ。と声をかけていただいたのを覚えてます。


DSCN1218.jpg


これは、もう何年前になるのか……。

まだ全然ナチュラルブームが来てない頃。2005年くらいかな…?
下北沢のfogの店舗で、フリーマーケットがあるというので行ってみた時に購入しました。

もう、どなたから買ったかとか全く覚えてないのですが……。

どこか外国で買った食器だという事でした。

これもすごくあたたかみのある質感で、福永さんの作品に似ているかも。

お気に入りのうつわです。


食器棚には、大好きなうつわが並んでいてワクワクします♪

DSCN1212.jpg


うつわがいいと、ごはんもおいしそうになるから、うつわって大事だな~~って思うのでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。