RSS
Admin
Archives

little forest

[ kobayashi ] 麻と帆布のバッグ制作販売

プロフィール

コバヤシ タカエ

Author:コバヤシ タカエ
------------------------------------
[kobayashi] 麻と帆布のバッグ制作販売。
尾道出身。東京都在住。
古いもの、自然素材、自然療法、食事、暮らしの道具など…こだわりや誠実さを感じるものが好み。住む土地は自然がたくさんでどこか故郷の尾道と似ています。
----------------------------
*電磁波対策のお話描きました。
「オールアース生活はじめました。」
下のリンクからどうぞ♪

リンク
カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
フォト
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01
06
CM:0

14:46
Category : 日記
毎年お正月に帰省しています。

IMG_20150104_142326[1]

ここ数年、あんまり動きのない帰省でしたが…今年はちょっとおもしろい動きがありました。

さて~、出発するか~! と、家を出て駅に向かって少し歩いていたら…

最近ほとんど鳴らない携帯から音が… 

見知らぬ番号からの電話。

いつもはミュートにしているので気が付かなかったり、知らない番号だと出なかったりするのですが
なぜか出てしまったんです。

そしたら… 高校時代の担任の先生。

全然変わってない声、すぐにわかりました。

年賀状のやりとりはしていましたが、卒業してずっと会ってなかったし、声を聞いたのも15年ぶりくらい。
私の年賀状が元日に届き、帰省すると書いてあったし電話番号も書いてあったので電話してみたと言うのです。

そして、時間がとれそうだったら会いましょうという事に。

高校の友人は子供や家族との時間があるので、お正月に会うのはなかなか難しい感じで
10年くらいは誰とも会わない帰省が続いていました。

まあ、それはそれで、家でゆっくりできるからよかったんだけど。

そろそろみんなの子供も大きくなってきたし、ちょっとでも会えたらな~と思っていたから
私は新幹線に乗り込んですぐ、友人にメールしてみました。

突然すぎる事だから(笑) ひとりはもう用事が入ってるとの事。
ダメ元でメールしてみたんだけど、行きます!と言ってくれたMちゃんと先生と3人で、やまねこカフェでお茶する事と相成りました。

何年ぶりなんだろう?
多分、15年ぶりくらいなんだろうか…。

全然変わってないMちゃん、先生も元気そう。
昔からの友人って、かなり久しぶりに会ったのになぜか気負うことなく話せる不思議。

なつかしい話から、現在の話、最後には来年は同窓会を…という話になりました。

なぜなら…私は25年前の卒業式の日に 「幹事」 に任命されていたんです。

25年、ずっと気になっていました。同窓会をやらなければ…と。
へんな責任感と使命感が25年つきまとい…。
そして、なぜ、ひとつもリーダーシップに向いてない私が幹事なのだろうと…(笑)

どういう流れで私が任命されたのか全く思い出せないのですが。

まあでも、久しぶりにみんなに会ってみたいなと思っているのは確か。
私達のクラスは仲がよかったと先生も言います。

確かに、ワイワイと楽しいクラスだった記憶しかないな~。

私は学校行くのが大好きだったし、嫌いな人もいなかった。
先生もみんな好きだったし、部活も楽しかったし、勉強も好きだった。
楽しい記憶しかないんですよねー。

海沿いを自転車走らせて登校するなんて、恵まれた環境だったなあと思いますね。



*** 尾道写真館 ***

IMG_20150104_110455[1]IMG_20150104_152743[1]IMG_20150104_143725[1]IMG_20150104_161354[1]
尾道といえば猫…! ウバ車店というピンポイントなノスタルジックなお店があったりします。

IMG_20150104_130251[1]IMG_20150104_141809[1]IMG_20150104_141415[1]IMG_20150104_141711[1]
尾道には色んな伝説が。玉の岩伝説や謎の巨石、龍の伝説、2000年に姿を現した鏡岩など…。
千光寺には空海の像が高野山から引き継がれてるらしい。


IMG_20150104_115218[1]IMG_20150104_113027[1]
菅原道真とも縁のある尾道。道真が腰を掛けたと言われている岩。
今住んでる小金井の氏神様も菅原道真なんです。


IMG_20150104_155201[1]IMG_20150104_133015[1]IMG_20150104_195055[1]
尾道プリン、尾道いなり、尾道ラーメン!! 尾道の巻きずしといえば穴子巻き~!

IMG_20150103_150840[1]
主人の地元、三原の啓文社に寄ってみたら…尾道が舞台の 「ぱすてる」 たくさん本棚に置いて下さってました。
長い連載なのでなかなかこんなに置いてくれてるところはないんですが、ありがたいですね!
 


さてさて、帰省日記は続きます…!


↑ ポチッとクリックお願いします!
関連記事
スポンサーサイト
2015.01
07
CM:0

17:46
Category : 日記
帰省すると、毎年家族全員で大三島の大山祇神社へ初詣に行く事にしています。

今年は、お参りしてから奥ノ院の「生樹の御門」まで行ってみました。

IMG_20150102_121651[1]

樹齢3000年のクスノキ。
その根っこのトンネルをくぐるなんてすごいです。
ちょっと歩いたけど、行ってみてよかった!
奥ノ院は知らない人も多いからほとんど人がいなくて、かなりひっそりしてました。

そして、今回の帰省のメインイベントは、義父の傘寿、夫婦の金婚式のお祝いで甥っ子入れた家族8人でどこかへ一泊する…というもの。

数か月前から宿を探していたんですが、お正月ってなかなか空いてないんですよね。
みんなお正月に家族でどこかへ泊まったりしてるようで。

鞆の浦のベラビスタへ行きたかったんですが、なんと満室。

尾道の一棟貸しの宿もいいなと思ったんですが、禁煙なのと、食事が外食になってしまう…ということで、今回は見送りました。
お祝いする義父がタバコを吸う人なので、禁煙ではかわいそうではないか…という夫の心遣いです。

その一棟貸しの宿は尾道の山手の空き家を再生したもので、とっても素敵だったのでぜひ泊まってみたかったんですが…残念です。

というわけで、竹原の賀茂川荘へ。

夕食の時にみんなからお祝いの品を送り、とっても喜んでもらえてよかったです。
食事もおいしくいただきました。

当日は夜から雪が降り、起きるとこんな雪景色に。

IMG_20150103_074015[1]

帰る頃には雪もとけ、近くにある竹原の街並み保存地区へ。

竹原といえば、現在放送中の朝ドラ「マッサン」の生家があることで話題になっています。
予約した時はまだ放送されてなかったので意識してなかったんですが、行ってみたらポスターが至るところに。
そして、竹鶴のお酒は売り切れで生産が追い付いていないらしい…!

softbankのCMに使われていたり、アニメの舞台にもなっている竹原。

そんな竹原の保存地区の写真をたくさん撮りました。

IMG_20150103_101631[1]IMG_20150103_101718[1]IMG_20150103_103627[1]IMG_20150103_101823[1]IMG_20150103_102307[1]IMG_20150103_102340[1]IMG_20150103_102553[1]IMG_20150103_102748[1]IMG_20150103_103114[1]IMG_20150103_103627[1]IMG_20150103_103240[1]
素敵な建築と私好みの古い建具の数々…!

IMG_20150103_103507[1]IMG_20150103_102224[1]IMG_20150103_102153[1]
そしてマッサンの生家である竹鶴酒造。 お正月なのでもちろんお休みでした。


尾道に住んでいた時には竹原に来たことなかったし、こうやって改めて地元を知るのもおもしろいなあと思うのでした。

今回の帰省は色々と盛りだくさん。

そして、最終日。
帰る当日の午前中に、強行突破な感じでとあるサロンへ行く事になるのでした。

… 続きます!


↑ ポチッとクリックお願いします!



2015.01
17
CM:0

22:15
Category : 雑貨
もう何年前になるか忘れてしまいましたが
吉祥寺のSIGNAという北欧雑貨のお店で時計を購入しました。

当時、大切にしていた腕時計をなくしてしまい、新しいのを探していたのですが
なかなか気に入るものに出会えないまま1年くらいが経ち…。

SIGNAには時々寄っては、生活雑貨を買っていたのですが
ふとレジ前のカウンターの中に飾ってある時計が目に入りました。


私は、全部に数字が書いてある時計が好き。
パッと見て、パッと瞬時に時間が分かるから。

それもクリアしているし、デザインも素敵!

文字盤の周りは木で作られています。
ベルトもマットで丸い感じのフォルム…。

聞いてみると、ドイツの工房で作られたものだそう。

木の感じに個性があるので、在庫を3つくらい見せてもらいその中から選んだのがこれ。

IMG_20150116_112045.jpg

2年前に1度電池交換もしつつ、愛用してたんですが…
昨年とうとうベルト通しが切れてしまいました。

IMG_20150116_112147.jpg
もうボロボロです…!

そして、やっと先日、SIGNAへ行く事ができたのですが
ベルト交換をお願いすると…ドイツの工房は3年前くらいに閉じてしまったと言うのです。

だけど店員さんが思い出したように、そういえば…ちょっと前にもベルト交換の依頼があって
その時に手に入ったベルトがひとつだけ倉庫にあるかも知れないと。

倉庫へ在庫確認に行ってもらってる間、もう一人の店員さんと少しお話ししました。

日本では工房などの職人芸を他の人に引き継いだりすることが多いけど
ドイツではその工房の職人さんが辞めてしまうと、そこで終わってしまう事が多いのだそう。

確かに、その人の持つ個性は作品に出るので、違う人が作ったら違うものになってしまう。
潔く一代で終わるというのも、アリだなあと。

そんな話をしていると、倉庫からベルトを持ってきてくださいました。

助かった…!
これでまた何年か、この時計を使う事ができます。

この時計には、このマットで丸い感じのベルトじゃないと合わない。

調べてみましたが、このベルトが売ってる気配はありませんでした。
何年後になるか分かりませんが…同じベルトが売ってないか? 意識してみようと思います。


↑ ポチッとクリックお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。