RSS
Admin
Archives

little forest

[ kobayashi ] 麻と帆布のバッグ制作販売

プロフィール

コバヤシ タカエ

Author:コバヤシ タカエ
------------------------------------
[kobayashi] 麻と帆布のバッグ制作販売。
尾道出身。東京都在住。
古いもの、自然素材、自然療法、食事、暮らしの道具など…こだわりや誠実さを感じるものが好み。住む土地は自然がたくさんでどこか故郷の尾道と似ています。
----------------------------
*電磁波対策のお話描きました。
「オールアース生活はじめました。」
下のリンクからどうぞ♪

リンク
カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
フォト
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11
01
CM:0

08:21
Category : おうちのこと
秋…というより、冬のように寒くなってきたので早くペレットストーブの燃料を買わなければと通販で注文。

ちょうどいいタイミングで鐵音工房さんから連絡があり、
ペレットストーブの点火の仕方をレクチャーしに来てくださいました。


導入して初めての時は点火するのが難しいので
直接教えてもらわないとできないとの事。


鐵音工房のペレットストーブはゼンマイ式。

電気を一切使いません。



前面に付いている取っ手をぐるぐる回すと
3時間ペレットを少しずつ供給してくれます。

DSCN1344.jpg  こんな感じでペレットを入れ…

着火剤に点火してペレットを一気に燃やしはじめます。


火の具合の調整や、ゼンマイの仕組み、灰の掃除のやりかたなど…
色々と教えてもらってから、いよいよ着火。


DSCN1337.jpg  DSCN1345.jpg


わああ~~~~、燃えてます。


実は私はかなり火がこわいです!

ペレットストーブは主人の強い要望で導入しました。

火もこわいし、放射性物質の事も気になる世の中になってしまいました。

ペレットは中国地方のホワイトペレットで検査済み、検出せずのものを選んで購入。
近いところから買うと送料が安いのですが…やはり少し検出してるとの事だったので。

鐵音工房さんも、千曲川より東は…とおっしゃってました。


こんなことを気にせずペレットストーブを楽しみたかったけど、起こってしまった現実は対処していくしかありません。

起こってしまったのはしょうがないんだから気にせずどんなペレットでも使う、というのとは違う。
その逆で、ペレットストーブなど使わない!というのも違う。

対処していく事は必要と考えてます。

溜まった灰は検査に出してみようと思ってます。



そんな厳しい現実もありつつ、ですが。



やはり、あったかいです。

火も安定して燃えているとこわくなくて、ゆらゆらしてる火を見ているとボーッとできていいですね。

鐵音工房さんのこだわりで「薪ストーブの火を再現する」というのがあるようです。
電気で空気を供給するペレットストーブは火が直線的にゴオーーーっと燃えるそうですが、こちらは火がゆらゆらとなり、大きな窓からよく見えます。

下のレバーで、ゆらぎ具合を調整できます。


そして。

やかんを乗っけておくと沸騰してくれるので、湯たんぽのお湯を沸かしてます。

DSCN1350.jpg


煮込み料理もできるそうで、これからチャレンジしてみようと思うのでした。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。